スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ヒプノセラピー
ちょっと前から興味を持っていたヒプノセラピー。
日本語では催眠療法と訳されます。

催眠というとちょっとインチキくさいイメージ。
5円玉を糸でつるして、「あなたはだんだん眠くなーる」とか
テレビ番組でタレントさんが催眠術にかかってみたり。

実際はマジックでもなんでもなく
人間の心理の潜在意識に働きかけることによって
なんらかの変化を生み出すようなのですが
どんなものなのか、いまいちよくつかめません。

というわけで、先日、ある方のセミナーに参加して
実際にヒプノセラピーとはどういうものなのか
レクチャーと簡単な体験セラピーを受けてきました。

ちょっとした実験でイメージすることのパワーを知り
驚くと同時にとても不思議でした。

はじめて体験するヒプノセラピーは
なかなか入り込むことができずになんだか中途半端。
しかし、わたしはもともと催眠が入りにくいタイプなうえ
周囲に人がいて気が散るという環境だったので
こんなものかな、と思っています。

ちなみにこのセラピストの先生、
某有名人の方のセラピーも担当されているらしく
クライアントさんは全国から集まってくるそうです。

そんなことは全然知らずに参加したのですが
なんとなくわかるような気がしました。


***
2つのブログランキングに登録しています。
下のバナーを2つ、ポチポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト

テーマ:セラピー&ヒーリング - ジャンル:心と身体

【 2009/02/20 22:27 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
ぼんやりすること
気づくとぼんやりしていることはあっても
意識してぼんやりするということはあまりありません。

きのう、「感じる」ということについて書きました。
その手始めになるかどうかはわかりませんが
「意識してぼんやりする」ということをしてみました。

巷では瞑想が流行しているらしく、書店で本もたくさん見かけます。
わたしも今ちょうど読んでいるところですが
まだ読み終わっていないので、瞑想というより「ぼんやり」です。

瞑想ではないにせよ、意識してぼんやりすることというのは
かなり難しいことがわかりました。

あれをやらなきゃ。
これをやらなきゃ。
そういえばあれはどうしたかな。
このことは結局どうなったんだっけ。

「やりたいこと」ならまだいいのですが
「やらなければいけないこと」が次々浮かんできます。
しかも、「やらなきゃいけないけどやりたくないな」というものばかり。

そして、それがひと段落すると考えごとがはじまります。
ああでもない、こうでもない。
考えてもどうしようもないことまで次々と。

わたしの「感じること」修行の道は険しそうです。


***
2つのブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 

テーマ:愛おしい日々 - ジャンル:日記

【 2009/02/08 14:46 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
ココロのかたち
昔から心というものに興味がありました。
中学生くらいから心理学の本を読み始めました。
高校時代、精神科医を目指そうかと思った時期もありました。

でも、わたしは「心」を専門に扱う職業にはつきたくありませんでした。

多くの本を読んで身に着けた知識は
すでにわたし自身の心を縛り付けるようになっていました。

「こういう気持ちのときはこういう行動をとりがちだ」
「こういう行動をしているということは相手はこう思っている」

窮屈でした。
これ以上、自分で自分を枠にはめたくはありませんでした。

しかしまた時間を経て、再び心理学関係の本を読むようになり
コーチングを学ぶようになりました。
それはとても貴重で、大切な経験ですが
わたしにとってはやはり「何かがちがう」という気持ちがありました。

そして気づきました。

わたしは心そのものにフォーカスしたいのではなく
何かモノに心を込めることがしたいのだということに。

ココロは見えないけれど
見えるものにそのココロをこめて
それに触れた人に「何か」を感じてもらうこと。
それがわたしの「ココロとの関わり方」なのだと気づきました。

ココロとの関わり方は人それぞれだと思います。
あなたはどんなふうに自分の、そして大切な人の心と関わっていきますか。


***
2つのブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 

テーマ:考えごととか - ジャンル:日記

【 2009/01/16 00:54 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
読後感
読んだ本の感想やらレビューやらは
別ブログ(Locoの本棚)に書いているので、ここには書きませんが。

ちょっと前に映画化された『闇の子供たち』という本を読んだのです。
タイを舞台に繰り広げられる児童人身売買の話。

描写がグロテスクだったというのもあるけれど
なんかもう、救いようのない読後感で。
小説だから、と割り切ってしまいたい気持ちはあるけれど
ここのところ貧困地域に関する本を読んでいたこともあって
妙な現実感があるためにものすごくリアルで。

日本という国はとても平和で
「貧しさ」や「飢え」というものがわからなくなっていて
さらにそれが麻痺してしまって
お金を武器に途上国で好き放題やっている大人もいるわけで。

そんな現実を知りながらも何もできない自分が
なんだかとてもふがいなくて
無力だなぁ、としみじみ思って悲しくなります。

この暗い読後感を払拭しようと別の本を読もうと思ったのですが
何も読む気になりませんでした。

でも、こういう現実があることを世界は広く知るべきです。


***
2つのブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【 2008/11/08 23:46 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
おまつりの音
今日は近所のおまつりです。
毎年、この時期になると開催される名物行事。
わざわざ遠くからも人が集まるような結構大規模なおまつりです。

おまつりが近くなると、どこからかお囃子の練習の音が聞こえ
週末になると商店街ではお祭りの音楽を流し
あちこちにポスターが飾られて
その光景を目にしたり音を耳にするたびに
「あぁ、今年もそんな季節なんだな」と感じずにはいられません。

ヨット部にいたころは(今も在籍はしていますが)
全日本のレースと重なっていたこともあり
お祭りの日に家にいることはめったにありませんでしたが
最近はいつも家でその騒がしさを聞いているような気がします。

とりあえずものすごい人なので
なんとなくお祭りそのものに行く気にはならず(人ごみが苦手です)
あちこちから聞こえてくる音楽や人の騒ぎ声を
家から静かに聞いています。

しかも、毎年たいてい、この時期は落ち込んでいたりするので
本を読みながら「…集中できない」とぼやいていたりもします。

お祭りが明けて今日。
まるできのうの騒ぎが嘘のように街はいつもの静けさを取り戻して
なんだかそれがちょっとさみしく思えました。

お祭りが終わると、秋が駆け足でやってきて
そして季節が冬にバトンタッチされていくような気がするのです。

秋という季節は春より夏より短いようなそんな気がします。


***
2つのブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 

テーマ:愛おしい日々 - ジャンル:日記

【 2008/10/13 10:17 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。