スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
「仕事がない」というけれど
100年に一度の不況といわれる現在。
テレビでは連日、派遣労働者問題が取り上げられています。

労働者側や年越し派遣村のスタッフが
再就職の斡旋や住まいを求めて声を荒げる姿をよく見かけます。
「仕事がない」「住む場所がない」などの厳しい環境におかれている彼らが
生活保護を申請しているという報道も見られます。

しかし、何かがおかしいと思うのはわたしだけでしょうか。

あるニュース番組のなかで元派遣労働者の男性がこう言いました。
「正社員の仕事を探しているんですが、なかなかないのでこれから生活保護を申請します」

新聞の求人欄にはたくさんの求人広告が出ています。
もちろんパートタイムの求人がほとんどですが、仕事はあるのです。

その男性のインタビューの直後、ある企業の人事担当者が映されました。
「人手不足なので、積極的に採用したいと思っています」
その企業は介護サービス業者でした。

「やったことのない仕事だから」
「興味がないから」
「給料が希望よりも安いから」
「将来が見えないから」
「大変そうだから」

こんな理由で就職が決まりかけても断る人も多いそうです。
元派遣社員というだけで、まるで彼らが被害者のような報道が多いのですが
冷静に考えてみると何かおかしい気がします。
さらにそのために生活保護を申請するとなるとますますおかしな気がします。

そもそも、元派遣労働者に限らず
新卒採用においても行きたい会社に就職できる人ばかりではありません。

かくいうわたしもそのひとりです。
就職活動では希望した企業から内定はもらえず
結局、内定をもらえた企業に入社しました。

生活保護申請を受理する前に、職業を体験してみて
それでもどうしてもできないというのであれば生活保護を支給するなど
なんらかの対策が必要だと思います。
そうしなければ、本当に生活保護を必要としている世帯に
影響が出てくるのではないでしょうか。


***
2つのブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

【 2009/01/12 15:52 】

| ひと | コメント(1) | トラックバック(0) |
旅立つ君へ
友人が旅に出るそうです。
新年の挨拶メールの返信でそのことを知りました。

彼はとても仕事熱心で
いつも忙しそうに仕事に明け暮れ
仕事の話を熱く語ってくれていました。

肩書き。
部下の教育。
人間関係。
仕事の采配。

悩みは尽きなかっただろうと思いますが
いつもエネルギーにあふれ、突き進んでいました。
何ヶ月も休みなく働くこともありました。

そんな彼が「数ヶ月、休みを取って旅に出る」というのです。

自分自身を見つめなおすために。
まわりの人への感謝を自分のからだに刻むために。

彼は将来、人の上に立つであろう人。
そのために必要な多くのこと。
精神力を鍛えるには今しかない、と。

「もう少し早く連絡を取り合っていたら飲みにでも行けたのにね」
という彼の声がいつもよりも優しく耳に響きました。

彼は四国を巡ります。
おしゃれが好きな彼が頭を丸め
自分の足で、八十八箇所をまわるそうです。
その覚悟と気合をわたしはそっと応援したいと思います。

「帰ったら連絡するよ」

きっとあっという間だと思います。
でも、きっと多くのことを得てくるのでしょう。
その日を待って、わたしは彼の健康を祈ります。

早春とはいえ、まだ寒い季節。
彼が風邪などひきませんように。


***
2つのブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

【 2009/01/04 18:39 】

| ひと | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリームプランプレゼンテーション
尊敬する福島正伸さんが主催するイベント
「ドリームプランプレゼンテーション」に行ってきました。

スタッフとしてお手伝いさせていただく予定でしたが
ミーティングに参加できず、結局、観客として観覧しました。
場所は東京ビッグサイト。

このイベントは
「すべての大人が夢を語る社会に向けて」というコンセプトのもと、
発表者の夢を応援したくなるようなプレゼンを10分で行うという
価値体験型のプレゼンテーション大会。

社会貢献度が高く、事業としての発展性があるなど
いくつかの条件を満たせば、どんな人でもエントリーができます。
そして選ばれた発表者たちは、その夢を支援してくれる人たちと共に
数ヶ月の準備を経て、前日19日の予選を経て、20日の本選を迎えます。

プレゼン時間は10分ですが
計算された準備の成果なのか、不思議ともっと長い時間のように感じました。

みずからの人生経験を語り
そこから発見した夢や想いを語り
そして観ている人の共感を引き出していく。

ドリームプランプレゼンテーションはその名のとおり
「ドリーム=夢」のプレゼンであり
感動大賞と共感大賞が受賞されるのですが
プランよりも人生経験というか発表者の生き様のインパクトに
圧倒されてしまうこともたびたびでした。

発表者の方の何人かがおっしゃっていましたが
「このプレゼンをするにあたり、自分自身を振り返れたのがよかった」
という言葉がとても印象的です。

わたしは今まで、なんとなく生きてきてしまったように思います。
実際、わたしも自分の夢をプレゼンしようとしたとき
目指すものと人生観のズレを感じて悩んだことを思い出しました。
そうやって考え、悩むことの大切さをあらためて教えてもらいました。

すべての方の企画書をまだ読んでいないので
これから読んでみたいと思います。

発表者の方々、支援者の方々、スタッフの方々、お疲れさまでした。
そして受賞者の方々、おめでとうございます。


***
2つのブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 

テーマ:夢に向かって生きる - ジャンル:ライフ

【 2008/12/21 00:47 】

| ひと | コメント(0) | トラックバック(0) |
経営するということ
ある女性経営者の方の講演を聞きました。
会社を創立されたお父様がお亡くなりになったあと、
かなり厳しい経営状況であった会社を継いで
32歳の若さで社長に就任された女性です。

その会社はモノ作りの会社。
昔かたぎの職人気質の男性が多い会社で
いかに彼女が社員と一緒に会社を経営しているのか。

印象的だったのは
「わたしにとって社員は家族と同じ」という言葉です。

それほど大きな会社ではないそうですが
彼女の話しぶりや、講演の合間に見せていただく写真から
アットホームで素敵な会社像が自然と浮かんできました。

彼女はいわゆるバブル時代に一流大学を卒業し
就職はせずにラジオのDJになったそうです。
その後、アメリカに留学して宝石関係の勉強をして
帰国してすぐに会社の状態を知って後を継ぐことを決めたそうです。

モノ作りに関しても
会社経営に関しても
なにもわからない若い女性。

しかし、彼女はあちこちに頭を下げ、屈辱を味わいながらも
社長就任後3年で経営を黒字化。
そしてそのまた3年後には経営を正常化。
ISO9001やISO14001も取得。

さらに、この間に結婚もし、お子さんもいらっしゃるとのこと。
まさに女性の鏡だと思います。

そのエネルギーはどこからくるのか
ずっと不思議でなりませんでした。
もう、その方のまわりがキラキラしているのです。
毎日が幸せで仕方がない、というオーラが伝わってくるのです。

どん底を知ったからこそ、感じられる幸せがある。
彼女はそんなようなことをおっしゃっていましたが
そんな前向きな彼女だからこそ、
どん底からでも幸せを手にすることができたのではないかと思います。

本当に素敵な女性でした。
わたしが目指すライフスタイルとは少しちがいますが
あんな女性が増えてくれたら素敵だな、と思います。


***
2つのブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 

テーマ:がんばるあなたを応援します! - ジャンル:ビジネス

【 2008/12/11 01:19 】

| ひと | コメント(0) | トラックバック(0) |
癒し系の魔力
先日のビジネススクールの合宿。
お友達の素敵女子に朝ヨガの講師をお願いしました。

このワークショップをお願いするまでは
とりあえず何度か顔を合わせたことはあったものの
きちんと話したことはなくて・・・という微妙な距離。
それが、これをきっかけにいろいろ話をしていくうちに
共通点もいくつか見つかってかなり仲良くなりました。

北海道出身の彼女は本当にほんわかあったかい雰囲気で
にもかかわらず芯は本当に強い。
やさしさは強さによって支えられているということを実感します。

そんな彼女は癒し系。
ふわっとした笑顔も魅力的。

合宿には男性陣もたくさん参加するので
合宿幹事のブログ(ほとんどわたしが書いていた)にも
彼女の魅力を存分にアピールしていたのですが
残念ながらあまり読んでいただけていなかったようで・・・。

そして当日。
前日は夜中まで飲んだくれていたため、参加率が心配でしたが
幹事のひとりが男子部屋に行って寝ている男子をたたき起こし
半ば強制的にヨガに連れ出してくれました。

寝ぼけ眼で寝癖のまま登場した某男子。
そのヨガ講師の笑顔にめっちゃ惹かれてしまった様子。
「あやうく惚れそうだった」って。

そしてさっそく彼女のブログを読んだようです。

ちなみに、その彼のほかにも
「もっと話したいから飲み会しようよ」とか言われます。

わたしも彼女みたいなほんわか癒し系になりたいなぁ。


***
2つのブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

【 2008/11/19 00:01 】

| ひと | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。