スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
3月11日のできごと・その1
地震後、おもにツイッターで情報収集と情報発信をしていましたが
少し落ち着いてきたのでブログを書くことにします。

2011年3月11日 14時46分。
東北地方を大きな地震が襲いました。

わたしはこのとき、地下鉄に乗っていて
「急停車します」というアナウンスとともに電車が停まった直後、
車体が大きく揺れました。
まるで遊園地のアトラクションに乗っているかのようでした。

揺れが長引き、乗客がざわつき始めましたが
地下鉄のため携帯は圏外で、情報がありません。

しばらくして、地震があったという車内放送があり
最寄りの駅で待機することになりました。
地下鉄の中でわたしの隣に座っていたのは外国人旅行客。
何が起きたのかわからず呆然とするご夫婦に
つたない英語とジェスチャーで事態を簡単に説明しました。
(とはいえ、ほとんど伝わっていなかったのではないかと思いますが…)

その後、電車から降りるよう指示があり、ホームに降り立った瞬間
今度は立っていられないほどの地震。
ホームにへたりこんで泣きわめく女性も。

近くにいた中学生が携帯のワンセグでニュースを見始めたので
わたしもそれにならってみることに。

そして映し出されたのは、津波の映像。
しかも、その場所は祖母が住む場所のすぐ近く。

心配ではありましたが
あのあたりは地震がたびたび起きるので
それほど深刻な事態にはならないだろうと軽く考えていました。

「電車が動かなかったらここで夜を明かさなければならないの?」
と心配そうにたずねるご夫婦に
「きっとしばらくしたら動くから大丈夫だと思う」
と楽観的な返事をしていました。

避難するよう駅員から指示があり、
またもやカタコトの英語で外国人ご夫婦に説明し、一緒に避難。
あたりにはヘルメットをかぶって避難してきた人があふれていました。

それでも、わたしは楽観視していました。

しばらく待機していたのですが、統制をとる人はいません。
避難してきた人々が少しずつ減っていくのですが
これからどうしたらいいのか、何もわかりません。

避難場所となっている広場の植え込みに段差があり
そこに座っていたのですが
外国人ご夫婦のご主人はおもむろに自分のマフラーを外し
石の上に敷いて、わたしたち女性にその上に座るように言いました。

さすが紳士!(イギリス人じゃないけど)

こんな状況でも自然とそんな行動をとる外国人男性を
すごいなぁ、と思わずにはいられませんでした。

とにかく電車が動いていないので
選択肢は「待つ」と「歩く」のふたつだけ。

外国人夫婦は西新宿のホテルに宿泊予定。
その場所にどうにかたどり着けないかと聞かれるのですが
タクシーをつかまえるのが容易でないことは日を見るより明らか。

とりあえず寒さをしのげる場所へ移動しようということになり
避難場所で知り合った若い男性2人と一緒に駅へ戻りました。

しかし、駅ビルは閉鎖。

行き場がなくなり、
さらに電車復旧の見込みが立たないということだったので
これは新宿まで歩いたほうがいいのではないかということになりました。

大きな大きな荷物を抱えた外国人夫婦。
中学生。
会社員ふたり。
そしてわたし。
偶然が結びつけた6人、まさに「旅は道連れ」です。

そしてわたしたちは混雑した道を新宿へと向かって歩き出したのでした。


~つづく~
スポンサーサイト
【 2011/03/15 01:11 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ブログをまとめます
これまで、ブックレビュー用のブログを別にしていましたが
http://locobook.blog60.fc2.com/
これからはこちらにまとめようと思います。

そのかわり、今まで覚書程度だったブクログのレビューを
今までよりもちゃんと書きます。
http://booklog.jp/users/mck

というわけで、さっそく本の話題。

「6月19日の花嫁」 乃南アサ

6月19日の花嫁 (新潮文庫)6月19日の花嫁 (新潮文庫)
(1997/01)
乃南 アサ

商品詳細を見る


記憶喪失になった主人公、千尋。
思い出したのは一週間後が自分の結婚式だということだけ。
結婚相手はもちろん、自分が誰なのかもわからない。

過去を探せば探すほど
身に覚えのない事実が次々と浮かび上がってくる…。

読みながら感じたのは
過去を失ったら、自分は自分でなくなってしまうのだろうか、ということ。
だとしたら、自分そのものってなんなんだろう。

この作品の主人公は、とても弱い。
それは記憶を失っているからというわけではなくて
ストーリー全体にちりばめられている描写から感じ取ることができる。
けれど、その弱さと向き合うことで強くなる。
その変化はよく描かれていると思う。

中盤の盛り上がりは一気に引きこまれる。
が、終盤にさしかかるなり、いきなり失速。
それまで一気にのめりこんだだけに、肩すかしをくらう。
そしてラストがいまいち。

ロマンティックサスペンスといううたい文句に関しては
あまり期待しないほうがいいかも。

★★★
 

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

【 2011/02/02 00:58 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「いいね!」ボタンはいずこ?
facebookをはじめてみたのは前に書いたとおりです。
いまだに使い方はよくわかっていませんが。

このブログにもfacebookの「いいね!」ボタンを置きたいと思い
設置方法を調べてみることに。

調べてみると、
私が使っているFC2というサービス、
Twitterとfacebookにちゃんと対応しているらしいです。
やっぱりメジャーな存在なのですね、Twitterとfacebook。

どちらのボタンも簡単に設置できるみたいなのですが…。

なぜか表示されません。

予定では、拍手の下にTweetボタンといいね!ボタンがあるはず。
でも、何度リロードしても、ブラウザを変えても
拍手ボタンしか出てきてくれません。

なんで?

いろいろ検索してみましたが
まったくもって解決しておりません。
表示されない、というコメントはあっても解決策が見つからない。
「簡単に設置できた」というブログ記事はたくさん見つかったのですが。

解決していないといえば
facebookのアカウント表示の直しかたもまだわかっておりません。

何かご存じの方、いたら教えてくださいませ。

【 2011/01/18 22:36 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
放置しすぎですね
ブログ更新がまったくもって停滞しております。
以前はわりと頻繁に書いていたmixiの日記でさえ
最近は週に1回書くか書かないか。

Twitterで満足しちゃうんですね。
気楽にぱぱっとツイートできちゃうもので。

でも、140文字だと言いたいことをちゃんと伝えるのは難しい。

ついついおろそかになってしまうけれど
ちゃんと書いていこうと思います。

近況としては、facebookを始めました。
だいぶ前に登録だけはしてあったのですが
使い方がわからず、ずっと放置していたのです。

でも、何やら盛り上がってますよね、facebook。
日本ではSNSといえばmixiですが
アメリカというか世界的にはfacebookが圧倒的。
Twitter人口よりfacebook人口のほうが多いとも言われています。

使い方がわからず、右往左往してますが
ちょっとずつ楽しめたらいいなぁと思います。

facebookやってると自分の英語力のなさを痛感しますね…



【 2011/01/11 18:49 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
99年前の今日
99年前、1911年5月31日。
この日は有名な豪華客船、タイタニック号の進水式だったらしい。

4万トンを超える豪華客船。
どれだけの人がこの船に夢を抱いていたんだろう。

そしてその夢を乗せた処女航海は翌年4月。

夢を乗せた客船。
それが悲劇の船となる。

現実はどんな想像よりも劇的なのだと思わざるをえない。



さて、いまさらなのだけれど
このFC2ブログって絵文字が使えないのね。
これまで絵文字ってほとんど使わなかったから気づかなかった。

絵文字はあったほうがいいかなー。

となると、やっぱりサービス乗り換え?


***
2つのブログランキングに登録しています。
下のバナーを2つ、ポチポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 
 

テーマ:愛おしい日々 - ジャンル:日記

【 2010/05/31 01:01 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。