スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
歴史とは
ディズニーシーに行ってきました。
何を隠そう、はじめてです。

2週間ほど前にディズニーランドに行ったばかりだったのですが
あまりのちがいにびっくりしました。
そして、夏休みということもあって相当な混雑を予想していましたが
それほどでもなくて、ちょっと安心。

あとから聞いた話ですが、面積はランドのほうが広いそうです。
でもわたしにはSEAのほうが広々と感じました。

アトラクションとアトラクションが離れていたり
ジャングルだったり、細やかな装飾だったり
そういう「余白」がゆとりを生み出しているのかもしれません。

でも、ディズニーシーには何かが足りないのです。

ディズニーランドでは感じられるけれど
ディズニーシーでは感じられない「何か」。

さすがに天下のディズニーですから
設備やサービスの面はすばらしいと思います。
でも、やっぱりディズニーシーはディズニーランドとはちがうのです。

おそらく、それは「人の想い」。

ディズニーランドは今年で25周年。
対してディズニーシーは今年で6年。

やっぱりこの歴史は大きいと思うのです。

25年という長い年月を通して、数え切れない人がランドを訪れ
笑って、感動して、夢を見て…そんな人間の感情が
きっとランドそのものを輝かせているのではないでしょうか。

ディズニーランドもディズニーシーも人間がつくったもの。
アトラクションだって「乗り物」という物質だけど
それでも人の想いはモノをも変える力があるような気がします。

人の想いや気持ちを経験値として吸収して
成長したり輝きを増したりするのではないかなぁと思います。

今回、ディズニーシーに行ったのは、仲間がステージで踊るため。
「R-TASTe」というよさこい集団の演舞です。
わたしも数年前に一緒に高知のよさこい祭りに参加しました。

彼らの踊りはエネルギーがとても高い。
前向きというよりも上向きの強くてあたたかいエネルギー。
みんなとても楽しそうに笑顔全開で踊るので
観ているほうも自然と元気を分けてもらっている感じです。

彼らの演舞をつくっているのも彼らの想い。

人の想いって、本当にすごい力を持っているのだなぁと
思わずにはいられません。


ブログランキングに登録しています。
banner_03.gif  
  
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【 2008/08/09 02:36 】

| | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。