スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
めざすもの
ずっとずっと違和感を抱いていました。
何に対して抱いているのか
自分でもよくわからないくらいに
ずっとずっと抱えてひとりでもやもやしてました。

それがちょっとだけクリアに近づきました。

きっかけをくれたのは二人の友達。
だいじなだいじな友達です。

ファミレスで話すこと1時間ちょっと。
その間、二人はわたしにいろんなメッセージをくれて
それでもわたしはいいわけをして
にもかかわらず二人はメッセージを与え続けてくれました。

そして、駅までの短い道のり。
電車で並んでしゃべったちょっとの時間。

ポカッとわたしのなかの閉じていた部分が開いた感じがしました。

わたしが目指す「生きかた」が
ちょっとだけわかったような気がしました。

ひとりになって
いつも持ち歩いている小さなノートを広げて
二人からのメッセージから感じたことを書いてみて
ちょっと気持ちがラクになりました。

そうか。

目指すものは「夢」じゃなくてもいいんだ。
「在りかた」を目指してもいいんだ。

わたしは今までずっと「夢」をさがしていました。
「日常こそがドラマティック」といいながら
その日常のなかに「夢」という「モノ」を探していました。
そしてひとつの「夢」を見つけました。

でも、その夢とは別に
「自分の在りかた」というものを目指すことが
今のわたしには必要なことなのかもしれないと気づきました。

気づかせてもらいました。

わたしはずっと
自分のエネルギーは男性性が強いと思い込んでいましたが
(男性性:垂直的、まっすぐな力強さ、理論的、など)
どうやら女性性がかなり強いのだということがわかりました。
(女性性:受容的、やわらかさ、直感的、など)

まわりのひとにも「男性性が強い」といわれていましたが
どうやらそうではなく、女性性が強すぎるために
「強さ」が強調されてそれが男性性に結びついているみたいです。

それに気づかせてもらってから
自分でもいろいろと思い当たることが見つかって
そして今までの違和感の理由もおぼろげながら見えてきました。

わたしはやわらかな女性性をもった女性になりたい。

強さのある女性性ではなく。
カッコイイ女性ではなく。
デキる女ではなく。

そしてもうひとつ気づいたのは
わたしは同調性がかなり強いということ。

エネルギーの強い人と一緒にいると自分のエネルギーも強くなり
ポジティブな人と一緒にいるとポジティブになりやすく
男性的な人と一緒にいると男性的になりやすい、みたいです。

だから、そういう場にいるのはとても刺激があって好きだけれど
その一方でとても疲れてしまうのだということもわかりました。

自分で「なるほど」とつぶやくほど納得しました。

頭ではわかりました。
あとは気持ちがついていくか。
そして行動がともなうか。

すぐにはなかなか難しいかもしれませんが
ちょっとずつでも自分の目指す方向に進んでいきたいと思います。


***
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆

banner_03.gif  
  
スポンサーサイト

テーマ:自分らしく - ジャンル:心と身体

【 2008/08/18 02:18 】

| 自分 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。