スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
『どんな仕事も楽しくなる3つの物語』
どんな仕事も楽しくなる3つの物語どんな仕事も楽しくなる3つの物語
(2008/03/28)
福島 正伸

商品詳細を見る


先日、講演をお聴きした福島正伸さんの最新著書です。
福島先生ご自身が体験された3つのエピソードを軸に
仕事とは感動を与えるものなのだということを教えてくれます。

本を読ませていただいたあと、講演をお聴きしましたが
講演のなかでも本にあった駐車場のエピソードが登場しました。

どんな仕事であっても感動を与えることができる。
仕事に対する想いがその感動を生む。
夢というと今の仕事を否定するようなイメージがありますが
決してそうではないということを教えてくれます。

若者、大人、男性、女性、
あらゆる人に読んでもらいたいと思える1冊です。


***
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと両方クリックしていただけるとうれしいです☆

banner_03.gif 
   
スポンサーサイト

テーマ:夢に向かって生きる - ジャンル:ライフ

【 2008/08/25 23:40 】

| 本・言葉 | コメント(4) | トラックバック(0) |
ご縁に感謝
金曜日の福島正伸先生のセミナーのあと
懇親会で何人かの方から名刺をいただきました。

これまでわたしが「夢をさがすお手伝い」をさせていただいていたのは
大学生から20代前半の若者たち。
しかしながら、福島先生のセミナーで出会った方々は
それぞれ大手企業の役付きの方だったり
年齢もわたしよりも年上の方がほとんどでした。

みなさんとても素敵な方ばかりで
世の中がこんな大人ばかりになったら
どんなに素敵な社会になるだろうと思わずにはいられませんでした。

名刺をいただいてご挨拶させていただいたものの
わたしは名刺を持ち合わせていなかったため
わたしからご連絡させていただく約束をさせていただきました。

すぐにメールをお送りするつもりだったのですが
疲れてしまい、先ほどやっと全員の方にメールを送信しました。

遅くなって申し訳ありません。
こういうことこそスピードが求められるというのに。
以後、気をつけます。

わたしは福島先生のメンティーにあたる鈴木惣士郎氏に
コーチングやコミュニケーションについて教えていただいていますが
鈴木氏とはまた全然ちがう雰囲気がわたしには心地よく
また集まってくる方々の層が全然ちがって
これがまたわたしの気持ちをいい意味で刺激してくれました。

わたしが目指すのは「大人が夢を語る社会」。
鈴木氏のまわりに集まるのは若者であるのに対し
福島先生のまわりに集まるのはいわゆる「大人」のみなさんでした。

若者が抱く夢がダイヤの原石であるとしたら
大人が抱く夢は本来持っているダイヤの磨き方を知ること。
そしてその角度を変えることで色や輝き方は無限大だということを
すべての大人に知ってもらいたい。
そしてそんな大人の背中をみて育った若者や子供たちは
夢をみることが当たり前になる…。

そんなわたしの夢がはっきりと具体化し
そして「絶対にできる!」と思った瞬間でした。

金曜日、出会った方々との縁に感謝するとともに
これから一緒に何かを生み出していけるであろう期待で
いまからちょっとドキドキです。


***
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッと両方クリックしていただけるとうれしいです☆

banner_03.gif 
   

テーマ:コミュニケーション - ジャンル:ライフ

【 2008/08/25 20:49 】

| 自分 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。