スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
夢をリセット
わたしは今まで
「大人が夢を語る社会をつくりたい」
という夢を語ってきました。

しかし、その夢を一度リセットすることにしました。

理由はとても簡単です。
それが本当にわたしの夢なのかがわからなくなったから。

「夢を仕事にする」
「好きなことを仕事にする」
「世界中をしあわせにする」

そんな熱い想いを語る若者たちと一緒に過ごし
わたしも自分の夢を探しました。

最初は「結婚して幸せな家庭をつくる」というものでした。
それが、まわりの「日本一」「世界一」という言葉に触発され
「世界一しあわせな家庭をつくる!」と思いました。

しかし、この想いはひとりの男性のある言葉によって失望へと変わり
(この男性はわたしのことをよく知らない男性ですが)
ショックもあり、わたしは方向転換せざるをえなくなりました。

そして見つけたのが
「しあわせな家庭をつくれるだけの愛をもった女性になる」
ということでした。

その「夢を語る場所なのに自分の夢を語ったら否定された」という経験もあり
その発展形が「大人が夢を語る社会をつくる」というものでした。

しかしながら、最近思うのです。

わたしは本当にそういう社会をつくりたいのだろうか。
もちろん、そういう社会になるのは望ましいとは思うけれど
何かがまちがっていないだろうか。

先日読んだ本にこんなようなことが書いてありました。

成功する秘訣は成功するまであきらめないことだ」というけれど
あきらめてもいい。
生き方は人それぞれ。
仕事は生活するための手段であって、趣味の時間がたくさん欲しい人もいる。
それは自由。
生き方は自分で選ぶもの。
自分が幸せだと感じることができれば、それでいい。
誰も努力は強制していないし
そもそも、やらなければならないことなど存在しない。

その本には多くの成功哲学が書いてありましたが
わたしに一番響いたのはこの部分だったように思います。

わたしは、自分に夢を押し付けていたのだと思います。
そして自分を縛り付けていたのだと思います。

夢は抱いていなければいけないものだ、と。

なので、わたしは一度、この夢をリセットすることにしました。
もしかしたら同じ夢をもう一度抱くことになるかもしれません。
まったくちがう夢を抱くことになるかもしれません。

夢を抱かずに毎日を生きるという選択をするかもしれません。

とにかく、自分をしばらずに
自分のことをもう少しだけ大切にして
自分がしあわせだと感じることはなんなのか
ちょっと考えてみようと思います。


***
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆

banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト

テーマ:夢に向かって生きる - ジャンル:ライフ

【 2008/09/02 01:38 】

| 自分 | コメント(9) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。