スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ぐったりしたので読書でも
100%幸せな1%の人々100%幸せな1%の人々
(2008/01/10)
小林 正観

商品詳細を見る


きのうのフェスタはたいして動いていないにもかかわらず
なんだか妙に疲れてしまって、気づいたらお昼でした。
わー!

しかも、お昼を食べようと思っていたはずが
これまた気づいたら夕方でした。
わーーー!

その間、記憶なし。

ネイルサロンの予約をあわててキャンセル。
指先がはがれてきているのだけれど…どう対処しようか考え中です。

きのうの日記には書きませんでしたが
実はフェスタのあとの交流会の最中、ある人から
「どうしたの?なんか・・・不満そうだけど」と言われてしまいました。

不機嫌な顔をしていたのでしょう。
しかも、まわりにわかるくらいあからさまに。
反省です。

いつも笑顔でいようと思うものの
ちょっと気を抜くとどうしても素の自分が出てしまいます。
このときもちょっと思うところがあって、嫌な気分になっていました。
でも、その嫌な気分もきちんと感情として受け止めてあげないと
自分がつらくなるだけだと思って押し殺すことはやめたのですが
まわりに不機嫌さが伝わるようではダメですね。

そして今日、手に取ったのがこの『100%幸せな1%の人々』という本。

友達がよかったよ、と言っていたので買っておいて
時間があいたら読もうと思っていた本。

世の中に出回っている成功哲学といわれるものは
ほとんどがアメリカなどの海外から入ってきているものが多いけれど
(著者が日本人であっても、考えが西洋っぽいものが多い)
この本はどちらかというと東洋思想がベースになっている気がします。

読んでいくうちに気持ちがラクになりました。
東洋思想について興味をもちはじめているので
これまたナイスなタイミングです。


***
2つのブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

【 2008/09/29 23:57 】

| 本・言葉 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。