スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
日本の伝統工芸
先日、たまたま立ち読みをした雑誌で
青森の伝統工芸である「こぎん刺し」というものの存在を知りました。
クロスステッチのように布目を拾っていくという刺繍の一種。
もともとは布地を丈夫にするために編み出されたそうです。

その模様がとても素敵で、ぜひやってみたいと思ったのですが
どうやら教えている場所がないようなので
「クチュリエ」という手づくりキットを注文してみることにしました。

「こぎん刺し」はかなりマイナーな伝統工芸らしく
本もそんなに市販されていないようですし
材料もきちんとしたものは青森から取り寄せないとダメみたいです。
でも、とりあえずビギナーなのでキットで挑戦。

注文したばかりなのでまだ手元には届きませんが
今からかなり楽しみです。

そして、その関連で興味をもったのが「刺し子」。
こちらはわりとメジャーだとは思うのですが
ふきんなどにちくちくと模様を描いていくものです。

今までは冬といえば編み物だったのですが
今年はもうちょっと趣味の幅が広がりそうです。


***
2つのブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト

テーマ:伝統工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2008/10/16 23:54 】

| その他 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。