スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
わかりやすい二枚爪
何ヶ月か前、たぶん半年以上前だと思うのですが
ジョギングというかウォーキングをしていて
いつのまにか足の爪を傷めてしまったことがあります。

足の爪には基本的に濃い目の色を塗っているので
そのときは少し痛むもののどうなっているのかわからなかったのですが
数日たって、お風呂上りにふと見てみると
親指の爪のあいだから膿のようなものが出てきていました。

とりあえず痛いのでその膿を押して出し切ったのですが
ほかの爪は特にそういったこともなく、しばらく忘れていました。

そしてまたしばらくたってネイルサロンでペディキュアを落とすと
ネイリストさんが驚いた様子。
見てみると、膿を出した親指はもちろん、
両足のいろんな指の爪が茶色く変色していました。

痛みはなかったので、その色を隠すためにもまた濃い目の色を塗り
普通の生活を送っていたのですが
数ヶ月たつとぽろりぽろりと中指や薬指の爪が取れてきました。
でもその下にはすでに薄皮のような赤ちゃんのような爪があり
痛みはまったくありませんでした。

おそらくウォーキングの際の靴が足にあっておらず
爪を圧迫して内出血をおこしたのだろうと思います。
(毎週2時間ほど走ったり歩いたりしていたので)

その内出血で爪は皮膚からはがれてしまい
爪が伸びるにしたがって皮膚とくっついていた部分が取れて
ぽろりと爪が取れてしまったのだと思うのですが
最初に取れたときはそれはそれはびっくりしました。

しかし、これまでは親指以外の指だったからよかったのです。
足の指って親指の存在感が大きいために
ほかの指はなくてもそんなに目立たないじゃないですか。
それが、今になって左の親指の雲行きがあやしくなってきました。

爪が完全に二重構造です。
皮膚と爪のあいだにも隙間があるのですが
さらにその上にまた隙間があって、もう一枚、爪があるのです。

はがれることはなさそうですが、若干びびり気味です。

今はジェルネイルを乗せているので
次回も補強がてらジェルネイルを乗せる予定ですが
外側の亀裂ではないので防ぎようがあるのかどうか・・・微妙です。


***
2つのブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 
スポンサーサイト

テーマ:ネイル - ジャンル:日記

【 2009/01/10 22:59 】

| 美容・健康 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。