スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
加速成長セミナー
『加速成長セミナー』
なんてあやしげなタイトルなんでしょうか。
(関係者の方々、ごめんなさい)

このセミナーは「ブレスル」という学生団体が主催するもので
なんと500円でかなり質の高いセミナーが受けられるという噂をきいて
わたしもさっそく参加してみました。

今回のテーマは『聴く力を圧倒的に高める』。

わたしは「聴く」ということが昔からとっても苦手です。
ひとりっこでワガママに育ったということもあり
「聞いて聞いて!」と人の話よりも自分の話に注目してほしくて
いわゆる「おしゃべりな子」です。

でも、それではいけないと成長するにつれて気づいてきました。
人の話を聴くということの大切さがなんとなくわかってきました。

そして、コーチングというものに出会い、本を読み
そして7月からは実際にコーチングスクールにも通い始めました。
そこでも人の話を聴くことの大切さを学びました。
講師の方にも「とにかく聴くことに集中しなさい」とよく言われます。

そんなわたしが興味を抱かないはずもない今回のセミナーテーマ。

この団体のセミナーにははじめて参加したのですが
ちがうイベントで一緒にかかわっていた人がいたこともあって
かなりすんなりと場に溶け込むことができました。

セミナーはわたしにとってはとてもいいリマインド。

「『聴く』ということはプレゼントだ」
という講師の方の言葉が心に深く響きました。
そうすれば自分が話せないことへのフラストレーションはなくなる、と。

なるほど。
「聴く」ということを提供しているのだと思えば
自分の意見を伝えられないことなどたいしたことではないのですね。
大切なのは相手に気持ちよく話してもらうことなのですね。
だって、人間は「話したい」「理解してもらいたい」生き物ですから。

コーチングスクールやら合宿やらに参加しているわたしにとって
セミナーの内容そのものはたしかにリマインドでしたが
ひとつ気づいたことがありました。

それは、「わたし、ちゃんと成長してる」という実感でした。

実際にやってみましょう、という実践になったとき
わりと自然とその課題がこなせている自分がいるのです。
(それが実生活で発揮できているのかは微妙なところですが…)

そしてセミナーが終わったあと、講師の方に
「目ヂカラがありますね。つい見ちゃいます」と言われました。

…はじめて言われました。目ヂカラ。

もともと目は大きいほうですが、そう言われたのははじめてです。
しかも今日のメイクは実はかなり手抜きでした。笑。

たとえ話しているひとが自分ひとりに話しているわけではなくても
(つまりセミナーなどの形式で1対多数の場合でも)
自分に話しかけられているつもりで相手の目を見て話を聴こう、と思い
それを実践した結果、かけていただいた言葉だと思います。

すごくうれしかったです。
これからも笑顔で相手の目を見て話を聴こうと思いました。

というわけで、わたしの「聴く力」をアップさせるお手伝いをしてくださる方
(つまりわたしとお話をしてくださる方)
随時、募集しておりますのでよろしくお願いしまーす☆


ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆

banner_03.gif  
  

テーマ:コミュニケーション - ジャンル:ライフ

【 2008/08/13 02:36 】

| 自分 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<すべてが学び | ホーム | 本を速く読んでみたい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://loco123.blog7.fc2.com/tb.php/17-fe3c2a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。