スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
資格の威力
最近というか、かなり昔から
ひとの心というものに興味がありました。
中学生ぐらいから心理学系の本は読んでいて
高校時代は精神科医になりたいと思っていたこともあります。

ただ、精神や心理について学ぶことは
同時にわたしにとってとてもこわいことのようにも思えました。

なぜなら、自分の知識で自分自身を縛ってしまいそうな気がしたから。

きのうの日記に引き続き
わたしという人間はどれだけ自分を縛り付けたいんでしょうか。

…まぁ、それはいいんですが。

でも結局、心理学というところに戻ってきました。
人間の悩みのほとんどは人間関係にあるような気がしますし
やっぱり好奇心には勝てなかったんですね。

現在は「心理学」としてではなく「コーチング」という形で
コミュニケーションについて学んでいます。
わたしはプロのコーチになるつもりで学び始めたわけではありませんが
どうせ学ぶのであればその照明となるものが欲しいというのが本心です。

そこで出てくるのが「資格」です。

コーチングには国家資格はありません。
民間の資格はありますが、わたしが学んでいるスクールでは
講義を終了してもそういった資格の発行はしていません。

学んだことを証明できるのは「自分」しかいないのです。

実際、資格をもっているからといって一流というわけではありません。
それよりも大切なのは実践だというのもわかります。
しかし、一般的に何をもってアピールするか?となると
正直なところ、何もないわけです。

…。

資格なんて関係ない、自分が商品だ!
といえるほどアピール力がないのが悲しいところです。

このままだと自己満足だし
かといって力強くアピールする自信もないし…

って思うのはわたしだけでしょうか。


***
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆

banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 

テーマ:考えごととか - ジャンル:日記

【 2008/09/03 00:10 】

| その他 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<「コーチング」を見直す | ホーム | 夢をリセット>>
コメント
--- 精神科医 ---

自分も以前精神科医を考えた事がありましたが、精神科医は何年も患者さんと付き合う事になることもあるという事実を知った時に自分には無理だと思いました。
コーチングは相手の持つ解決力に気づかせてあげることですよね?
その人が気づけたという事実の積み重ねが実績であり、事実になっていくんではないでしょうか?
fatherman * URL [編集] 【 2008/09/03 20:33 】
--- 難しいですよね ---

>fathermanさん
心の問題といっても
医療の面から見るのとカウンセラーやセラピストの面からみるのでは
全然ちがうものなのだろうなぁと思います。
たまに専門書を読んだりすることもあるのですが
統一されていないような印象を受けることがあります。

コーチングは答えも相手のなかにある、というスタンスで
その答えを引き出すお手伝いをするような感じです。
ただ、クライアントさんの立場に立ったときに
何も実績を証明できないよりは資格というものがあったほうが
より安心かな、と思うんです。
人それぞれだとは思いますけどね。
Loco * URL [編集] 【 2008/09/03 23:34 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://loco123.blog7.fc2.com/tb.php/46-c71f0833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。