スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
「コーチング」を見直す
某教育機関の
コーチングセミナーに行ってきました。

5分ほど遅刻してしまったのですが
ドアを開けるとそこには50代とおぼしき男性が2人と
30代とおぼしき女性が1人。
そして講師の男性(たぶん40代)。

…軽いカルチャーショックでした。

わたしが通っているコーチングスクールは女性のためのもの。
でも、本来コーチングというのはビジネスコーチングが一般的で
そうなるとやはり男性も受講して当然なんですよね。
しかも管理職クラスの年代の男性が。

ここのところ若者とばかり接していたということもあり
なんだかすごく新鮮でした。

そして、「地に足をつけなければ」と強く思いました。

今まで教えていただいてきたのとはちがう場所で
ちがう視点でみる「コーチング」は新鮮でした。
同じ「コーチング」なのに全然ちがうもののようでした。

そして、もっときちんと学びたいと思いました。

きのうの日記に書いたようにコーチングには資格はなく
あるのは民間の資格だけです。
それはひとつの肩書きにはなりますが
結局のところ、頼りになるのは自分の自信。

もともと何かを学ぶことは好きなので
さらなる「学び欲求」がうずうずと顔を出しています。

まずは積み重ねられた本を読むことと
自分の想いを整理することからはじめていきたいと思います。


***
ブログランキングに登録しています。
ポチッポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆

banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 

テーマ:考えごととか - ジャンル:日記

【 2008/09/03 23:27 】

| | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<いるべき場所へ | ホーム | 資格の威力>>
コメント
--- コーチングと資格 ---

お父さんは実はソーシャルワーカーなんですけど、一応資格ももってます。
でも正直それが何を証明してくれるの?って感じです。
例えば医者なら病人を治す事が出来るけど、ソーシャルワーカーの対人援助技術って何が出来るの?ってのが正直な所。
どちらかといえば、国家資格はないけど、コーチングの方が対、人にたいして積極的なアプローチが出来るのでは・・・と思いますよ。
fatherman * URL [編集] 【 2008/09/04 23:20 】
--- 資格の意味 ---

わたしの中での位置づけは「入口」ですね。
勉強する側からすれば「資格を取る」というのは目標ですし
クライアント側からすれば「安心感」の証明。

もちろん安心感や信頼については実際に接してみないとわかりませんが
でも「この人と話してみようかな」と思ってもらえなければ
スタート地点にさえ立てないわけで。

でもまぁ、逆に言えば国家資格がないということは
勝手に自分で名乗っちゃえばいい、ともいえるんですけどね。笑。
Loco * URL [編集] 【 2008/09/06 01:05 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://loco123.blog7.fc2.com/tb.php/47-1cc21b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。