スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
わたしにできること
わたしがやりたいこと、それは人のサポートです。
先日、「夢を仕事にする」という内容のセミナー合宿に参加して
自分のやりたいことは新規事業を起こしたりすることではなく
そこに通うようなひとをサポートしたいということでした。

わたしにできることはなんだろう。

あるスクールで、こちらも人を輝かせるための場所ですが
こちらはお手伝いをさせてほしいと申し出たところ
「手伝いたいと言ってくれているのはあなただけじゃないから」
「やりたいことがあるなら企画を出して」
といわれ、ここは居場所ではないのだと感じたことがあります。

わたしがやりたいのは自分の企画を通すことではなく
実現しようとしている企画がうまく進むためにサポートすること。
そこに「企画を出す」ということはマッチしませんでした。

そして今ではボランティアスタッフというような位置づけ。
たしかにわたしは誰かのサポートがしたいけれど
ボランティアがしたいというわけではないのです。
無償で自分のできることを提供することはすばらしいことだけれど
「あなたはスタッフじゃないから」といわれながらも
その中にいるということの疎外感は拭うことはできず…。

結局、わたしはその場を「学びの場」と位置づけることにしました。
お手伝いを頼まれたら、やりたいと思えることだったらやる。
でもスタッフではないから、やりたくないことはやらない。
うまく利用されているだけだと思えるようなことはやらない。

この場所に固執する必要はないんだと思うようになりました。

そして尊敬する人との関係性。
その人を尊敬するあまり、頼りすぎていたようにも思います。
でも、たしかにすごい人ではあるけれど、
その人だって普通のひとりの人間であるということに気づきました。

だから、その人から学ぶべきことは学ぶ。
でも、最終的には自分が決める。

そうしないと一種の宗教のようになってしまうような気がして。
その人が教祖で、その人の言うことは絶対で
カリスマ性があるということはそういう要素もあるんですよね。

というわけで、その場所とその人への執着を手放したら
きっと新たな何かがそこに入ってくるのではないかな、と。

とりあえず今は学びの時期。
いろんな人に会って、いろんな人の話を聞いて
そこにわたしがやりたいと思えるお手伝いがあるのであれば
その経験をさせてもらう、という日々を送ろうと思っています。
 

ブログランキングに登録しています。
banner_03.gif  
  

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

【 2008/07/30 08:55 】

| 自分 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<必要なのは「手放すこと」? | ホーム | 夢が増えました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://loco123.blog7.fc2.com/tb.php/8-2c8bda1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。