スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ハプスブルグ展
テレビで告知していたハプスブルグ展に行ってきました。
9月から開催していたようですが
わたしが知ったのは会期終了間近のつい先日。
なかなか都合がつかず、最終日にすべりこみ。

混雑を予想していたのですが
以前行ったイタリア・トリノ展ほどの混雑ではなく
いくつかの作品を除いて、ゆっくり見ることができました。

最初に印象に残ったのは11歳のマリア・テレジアの肖像。
マリー・アントワネットの肖像とそっくりです。
そしてオーストリア皇妃エリザベート。
非常に大きな作品で、見上げるとそこには女神のようなエリザベート。
白いドレスが華やかさを演出しているようでした。

展示は国ごとの作品に分かれていたのですが
わたしがいちばん惹かれたのは最後のコーナー。
そこはフランドル・オランダ絵画。
ひとつの作品から目が離せなくなりました。

それはルーベンスが描いた「キリスト哀悼」。

写実的で、立体的で、臨場感があって
激情と静寂が隣り合わせに存在して、とにかく素晴らしいのです。

おもな作品の横にある解説文はなく
音声ガイドにも収録されていなかったため
さほど重要なものではないと判断する人が多かったのでしょう。
足をとめる人はあまりいませんでした。

その後、展示室を出たところにあるショップをのぞきましたが
数多くの作品がポストカードになっているにもかかわらず
「キリスト哀悼」は公式カタログに掲載されているだけでした。

買う予定ではなかったカタログですが
思いのほか素敵な作品が多かったので購入を決め
まず「キリスト哀悼」を探して見てみました。
しかし残念ながら先ほどのような迫力はあまり感じることができず
魅力は半減。
やはり実物はちがうと痛感しました。

ハプスブルグ展は東京から京都に場所を移し
京都国立美術館で来月6日から3月14日まで開催されます。
お時間のある方はぜひ足を運んでみてください。


THEハプスブルグ公式サイト
http://www.habsburgs.jp/


***
2つのブログランキングに登録しています。
下のバナーを2つ、ポチポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 
 

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2009/12/15 02:16 】

| おでかけ | コメント(0) | トラックバック(0) |
風変わりなレディースデー
先日、友達に誘われてとあるショーに行ってきました。
それはストリップショー。

その日は特別な公演で、2年半ぶりのレディースデー公演。
お客さんはすべて女性。
もちろんダンサーも女性。

実はストリップショーに行ったのはこれで2度目。
それまでストリップといえば女性が音楽にあわせて服を脱ぐだけの
単純で、そしていかがわしいイメージしかありませんでした。
ところがこの公演を行った「紅薔薇座」はちがうのです。
ストリップ「ショー」なのです。

なかでも葵黄蓮さんというダンサーさんは
海外で活躍されていたということもあって
踊りのレベルがとっても高い。
そして衣装も演出もとてもすばらしいクオリティ。

細いながらも均整のとれた身体つきをされていて
ストイックなまでの日々の努力が感じられるのです。

この日はレディース公演ということで
全体的にロマンティックでやさしい雰囲気のステージでした。
どのダンサーさんも工夫をこらしていて
いやらしいというよりも美しい官能の世界という感じ。

レディースデーはその1公演だけだったのですが
その後数日は同じ劇場で公演があるということで
友人は彼氏と一緒に観に行ったそうです。
そしてやはり、その踊りのレベルの高さに驚いたそうです。

「紅薔薇座」はストリップのいかがわしいイメージを払拭して
女性ひとりでも楽しめるエンターテイメントにしようと
いろんな試みをしているダンサー集団。
また機会をみつけて観に行きたいと思っています。

そして何より
美しい女性を見ていると自分もがんばろうと思うのでした。


紅薔薇座公式サイト
http://baraco.fc2web.com/


***
2つのブログランキングに登録しています。
下のバナーを2つ、ポチポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 
 

テーマ:お散歩・お出かけ - ジャンル:ライフ

【 2009/11/29 02:02 】

| おでかけ | コメント(0) | トラックバック(0) |
異空間パーティー
先日、とあるホームパーティーに行ってきました。
会場は都内の某タワーマンション。

見るからに高級感あふれるマンションは
テレビでしか見たことのないような別世界。
窓の外にはまばゆいばかりの夜景とライトアップされた東京タワー。

集まっていたのは20人程度の男女。
広いリビングで思い思いにくつろいでいます。

わたしは友達と参加したのですが
気配り上手な友達はすぐに男性幹事のお手伝い。
わたしが女性幹事と話している間にキッチンへ移動。
また別の友達は遅れてきた女の子に飲み物を勧めています。

そんな彼女たちの行動にちょっと感動しました。

しかし、ほとんどの女性客はそれとは正反対。
飲み物は注いでもらって当たり前。
食べ物も取り分けてもらって当たり前。

なんだか近寄りがたくて、わたしは話しかけずに終わりました。

素敵な場所。
素敵な夜景。
素敵な空間。

でも、そこにふさわしい人はどれだけいたのだろうと思うと
正直よくわかりません。

逆にそういう場所だからこそ
肩書きや見た目だけで判断するような人が集まってしまうのかもしれませんが
それはとても悲しいことです。

今回はとても貴重な体験をさせてもらいました。
このような場にふさわしい女性になりたいと強く思うのでした。


***
2つのブログランキングに登録しています。
下のバナーを2つ、ポチポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 
 

テーマ:ホームパーティー - ジャンル:ライフ

【 2009/10/18 21:08 】

| おでかけ | コメント(0) | トラックバック(0) |
アメ横散歩
アメ横

トリノ展に行った帰り、そのままアメ横に足をのばしてみました。
小さい頃、日曜日に父と一緒に何度か訪れたのを思い出します。

アメ横の名物でもあるのが「たたき売り」。
上野方面から歩くとまず目につくのが鮮魚のたたき売り。
「安いよ安いよ~」の独特のだみ声が飛び交います。
もう遅かったので店じまいの準備をしているところもありましたが
昼間の活気がある時間だとまぐろの解体が見れたりもします。
(わたしが小さい頃の記憶なので、今もやっているかどうかは定かではありませんが…)

そして、アメ横で有名なのが「志村商店」。
ナッツやチョコレートの袋を
「これひとつで500円のところ、これもこれもつけて1000円にしちゃうよー」
といくつもつみかさねてたたき売り。

志村商店

しかし時間も遅くなって客足が途絶え、店員さんも暇そうです。
どんなに威勢がよくても、お客さんがいないとやる気が出ないみたいです。

そして次に通りかかったのが中国系のお店。

中国食材

なんのことやらわかりません。
店頭には豚足のようなものが発泡スチロールの箱に入って無造作に入れられ
「猪足 100円/1本」と段ボールの札が立てられていました。

もはや、ここがどこの国だかわかりません。
さすがアメ横、カオスです。

しばらく歩くと大きめの角にたどり着きます。
ここには昔は甘栗のたたき売りのおじさんがいて
(志村商店と同じく、ひとつ500円でふたつ買うとオマケがたくさん)
その人だかりに父と一緒に混ざっていたものですが
いつの頃からか甘栗に代わって、いそべ焼きの屋台になりました。

磯辺焼き

同じようないそべ焼きの屋台は新宿の歌舞伎町近辺でも見かけますが
やっぱりアメ横、どことなく雰囲気がちがいます。
昔からいるおじさんかどうかはわかりませんが、たたずまいに味があります。

いつもはカメラを持ったお散歩は家の近所ばかりですが
こうして見るとちょっと出かけただけでずいぶんと見えるものが変わります。

またどこか、味のある風景に出会うときのために
カメラを手放せなくなりそうです。


***
2つのブログランキングに登録しています。
下のバナーを2つ、ポチポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 
 

テーマ:お散歩・お出かけ - ジャンル:ライフ

【 2009/10/05 16:51 】

| おでかけ | コメント(1) | トラックバック(0) |
東京都美術館(上野)
明日(10/4)まで開催のエジプト・トリノ展。
招待券をいただいていたので会期終了間際に駆け込みです。

美術館や博物館は旅行先でおとずれることはあるものの
身近な場所をたずねるのはひさしぶり。
東京都美術館もはじめて行きました。

上野動物園をはじめ、美術館などのスポットが点在することもあり
土曜日の上の公園はすごい人。
こんな屋台も出てました。

上野屋台


上野公園内を少し歩いて、お目当ての東京都美術館へ。
門の入口にはトリノ展の看板(イビの石製人型棺)が。

トリノ展


そして階段を下りて美術館入り口に行ってみてびっくり。
チケット売り場の前には長蛇の列。
プラカードを持った警備員の方が「50分待ちです」とアナウンス。

さすが会期終了直前、しかも土曜日。
美術館独特の快適な弱めの空調が意味をなさないほど
ラッシュアワーの山手線並みの熱気と混雑ぶり。

展示は評判通りすばらしいものでした。
3000年以上前のものが現代でも見られるなんてすごいことです。
しかも、古臭さをまったく感じさせないのです。

この展示には有名な美術監督が演出を手掛けているのですが
人が多すぎて演出を楽しむどころの騒ぎではありません。
そのドラマティックな演出を堪能できなかったのはとても残念でした。

見終わって外に出てみると公演はすっかり闇。
季節が秋になったのを感じます。
駅までの道沿いのあかりに近づいて見てみると浮世絵行燈でした。
12月27日までのイベントだそうです。

浮世絵行燈


ふと空を見上げるときれいな月が浮かんでいました。
そういえば中秋の名月。
古代エジプトでは太陽があがめられていましたが
月はどうだったのでしょうか。

そういえば日本でも天照大神は太陽の神ですが
月の神はあまり有名ではないような気がします。
(わたしが知らないだけかもしれませんが)

月のパワーが注目されている現代とは逆ですね。


***
2つのブログランキングに登録しています。
下のバナーを2つ、ポチポチッとクリックしていただけるとうれしいです☆


banner_03.gif 人気ブログランキング : 応援よろしくお願いします
 FC2ランキング : こちらも応援よろしくお願いします
 
 

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2009/10/04 01:31 】

| おでかけ | コメント(0) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。